小顔になれるボトックスの魅力【入院の必要も無く手軽に出来る】

医師との関係づくり

顔に触れる女性

円滑に治療を進めるには

ボトックス治療による小顔矯正を初めて行なうときは、カウンセリングを慎重に進めましょう。なぜなら、治療前に行われるこのカウンセリングで大体の完成図と治療計画が決まってしまうからです。ボトックス治療による小顔矯正は、顔に注射を施し、特殊なたんぱく質によって筋肉を縮める仕組みです。エラが発達している人に主に用いられます。カウンセリングでは患者側の希望のフェイスラインなどを問診します。他にも予算、治療に充てられる期間などを確認し、それに沿って計画を立てていきます。ここで患者側が質問や確認をすることができます。もし気になっていることがあるなら積極的に訊いてみることです。不安点があるのに曖昧なまま治療を始めてしまうと、出来栄えが予想と異なっていた、なんてこともあります。特にフェイスラインの希望を正確に共有するのは難しいものです。過去の施術例など、写真や立体図を見せてもらいながら、一歩ずつ治療計画を進めていくのが安心です。また、医師との関係づくりも大切です。気軽に質問できるくらいの仲になっておくと治療も潤滑に進んでいきます。ボトックス治療で小顔矯正を始める際、施術を受けてからどういう現象が身体に起こるのかを知っておくと安心です。特に副作用に関しては充分確認しておいたほうが良いでしょう。ボトックス治療は注射を用いる治療です。そのため、注射針を刺した箇所は内出血を起こす可能性が高いです。といっても注射針はごく細いものを使用するはずですので、重症になるほどではありません。血管に触れた部分が青くなったり、黄色くくすんだりすることがあります。メイク等で隠す必要が出てくることを念頭に置いておきましょう。次に、治療を受けた後は注入した成分がほかの場所に流れないように気をつけなければなりません。横になったり、こすったりすると成分が流動する可能性があります。また、体温の上昇などで新陳代謝を高めるのも避けたほうがいいです。血液の流れに乗って成分が移動することも考えられます。ですので、治療後、特に当日はスケジュール調整を万全にしておきましょう。小顔矯正ならば顔に注射をするので、食事の予定は入れないほうが安心です。入浴や飲酒も体温を上げるので避けるようにしましょう。事前にこれらの注意点を知っておくと、治療後のストレスが少し減ると思われます。

Copyright© 2018 小顔になれるボトックスの魅力【入院の必要も無く手軽に出来る】 All Rights Reserved.