小顔になれるボトックスの魅力【入院の必要も無く手軽に出来る】

症例数が多いことが基準

男性医師

術後は安静にする

ボトックス注射による小顔施術は、短時間で手軽にできる方法として人気があります。しかし、ナチュラルで美しいフェイスラインを手に入れるためには、優良なクリニック選びが大切になります。なぜなら、ボトックスの施術の良し悪しは、医師の技術力にかかっているからです。小顔にするためにボトックス製剤をどれだけ注入するかは医師の判断によるものであり、その量によってどのような輪郭になるかが決まります。また、注射の上手な医者の施術は内出血が起こりにくく、痛みも少ないとされています。そのため、優良なクリニックを選ぶ基準として、ボトックス施術の症例が多い事が大事になります。クリニックのホームページに記載されていたり、カウンセリングの時に尋ねたりすることができます。症例を写真付きで見せてくれると、より信頼度が高まります。そして、厚生労働省の認可を得た製剤を使用しているクリニックであることも大事です。認可を得ていない製剤は、安全面に不安が残ります。安全性がしっかりしていることも基準としましょう。ボトックスの小顔治療で気を付けることは、施術を受けた日は内出血をする恐れがあるため、血行を促進するような行為はしないことです。激しい運動をしたり、お酒を飲んだりするのは避けたほうが良いでしょう。施術後に内出血の症状が現れていなくても、血行を促進することで発症してしまうことがあります。また、ボトックス治療は1回受けたら永遠に効果が続く施術ではありません。小顔効果は3ヶ月をピークに徐々に衰えていき、だんだん元の状態に戻っていきます。小顔を保ち続けるには、半年ごとにボトックス注射を打ち続けなければなりません。しかし、小顔施術の場合は5回から6回注射を続けると、元に戻らなくなるとされているので、半永久的に打ち続ける必要はなさそうです。そして、ボトックスの小顔施術は、どんなタイプの顔にも効果があるわけではないことにも注意しましょう。筋肉性のエラを小さくすることはできますが、骨格自体を小さくすることはできません。骨格を変えたい場合は、別の施術を受ける必要があります。

Copyright© 2018 小顔になれるボトックスの魅力【入院の必要も無く手軽に出来る】 All Rights Reserved.